2017年3月2日

オ-ルセラミックについて

虫歯治療

虫歯はプラーク(歯垢)を構成するミュータンス菌の生成する酸で歯が溶けた状態です。 歯は骨とは違い、自然に追加されたり治癒したりすることは起こりませんので、一度始まった虫歯は治療を必要とします。

具体的には 神経に届いていない虫歯の場合は 虫歯に侵された部分を完全に除去し、そこを補うためにコンポジットレジン(白い樹脂)を詰めたり、型を採って金属で詰め物を作製したりします。歯のどの部分にどの程度の深さ・範囲で虫歯に侵されているかによって最終的な詰め物は何が最適かご説明の上治療いたします。

ページのトップへ

根管治療(歯の根の治療)

不幸にして神経まで届く虫歯ができてしまった場合、神経が露出したまま詰め物をするとのちに痛みがでたり 中で化膿することになりますので、神経を除去する必要があります。 歯の根の中には根管という神経が通っている管がありますが 神経を除去した後 この管を空洞のままにしておきますと 中で細菌が繁殖しますので お薬で充分に内部の消毒と鎮静を行い 防腐剤(もちろん体には無害です)で空洞を完全に塞ぎ根管治療を終えます。 また 以前に神経の治療をした歯に問題がおきた場合(膿が溜まる等)も 根管治療が必要です。 

ページのトップへ

補綴(歯に被せる処置)について

根管治療を終えた歯はほとんどの場合、「歯冠」という、歯の噛み合わせる面を含む、歯茎より上の部分の大部分を失っておりますので、そこを補うために土台を作った上に被せるものを作製する必要があります。保険治療では前歯には裏が金属で表面に白い樹脂を盛り足したものを、奥歯には全体を金属で覆ったものを作製する場合が多いです。根管治療の際に失った歯の部分が少ない場合は部分的な小さい詰め物で充分なケースもありますので 個々にご説明致します。

また、深い虫歯や歯槽膿漏等で歯を失ったあるいは抜歯をしたあと、失った歯の両隣の歯を含めて、橋を渡すようにつなげた被せもの(ブリッジ)を作製することで噛み合わせを再生することが出来ます。 設計はどの部分の歯を何本失っているかによって異なります。
お気軽にご相談下さい。ご説明いたします。

ページのトップへ

修復の種類

次の方法の中からお選びいただけます。

保険治療

レジン修復:合成樹脂の白い詰め物です。お口の中で直接歯に詰めます。必要最小限の削る量で治療できますが、変色、破損、磨耗が起こることがあります。

メタルインレー修復:金属(銀色)の詰め物です。型をとって造るので最低でも2回の治療が必要です。削る量はレジン修復に比べて多くなります。レジンより硬く強い性質ですが、かみ合わせる歯が磨り減る事があります。

自費治療(保険外治療)

ハイブリッド・ダイレクト:虫歯治療の際に、歯の大部分が残っている時の部分的な詰め物の1種です。セラミックと合成樹脂の中間にあたる審美的な詰め物で、個々の歯の色に合わせて、お口の中で歯に直接詰めます。型どりをしないので一回の治療で完成し、削る量も最小限に抑えることが出来ます。

メタルインレー ハイブリッド・ダイレクト
症例1
症例2

オールセラミック:色調、透明感が天然の歯に非常に近く、金属を全く使用しないので、裏から見ても天然の歯と見間違えるくらい自然です。ただし、歯の色を選ぶ材料ではあります。
通常の色は大抵の場合対応可能ですが、強い変色歯や 幼児期の抗生剤による変色歯には対応できない場合があります。また、複数の歯を連結する場合も適応不可の場合があります。
色のグラデーションを付けることは可能ですので、単独の歯で、他の歯に強度の変色が無い場合 天然の歯に1番近い材料と言えます。

下の写真が保険の銀歯になります。
下の写真がオールセラミックで作製したものです。

ハイブリッド クラウン: 歯の全体に被せるもので、セラミックと合成樹脂の中間にあたるハイブリッド樹脂で作製するものです。色は個々の歯に合わせてお作りすることが出来ます。天然の歯に比べるとやや透明感に欠ける特徴がありますので、前歯よりも奥歯あるいは前歯でも隣の歯が既に差し歯である場合にお勧めいたします。ただ、保険の差し歯に使われる樹脂の様に数年で黄ばんでくる様な事はございませんので ご安心いただける材料です。
ただし、経年的に擦り減って内部の金属が透けてきたり、光沢が無くなってくる場合がございます。

下の写真がハイブリッドクラウンになります。
裏側にはこの程度金属がきます。

セラミック クラウン: 歯の全体に被せるもので、セラミックで作製したものです。色調や透明感の表現が自由にでき、本当の意味のフルオーダーメイドで天然の歯の質感を再現できます。

光沢、透明感が天然の歯に一番近い材料です。
裏にはこの程度の金属が付け根付近に有ります。
多くの場合は、歯ぐきに覆われてしまいます。
この写真の矢印が示している歯がセラミッククラウンになります。
矢印の示している2本ともセラミッククラウンです。
>>料金表のページへ

ページのトップへ