2017年3月2日

オ-ルセラミックについて

ブリッジか? 入れ歯か?

失った歯の本数やその場所によっては、ブリッジと義歯のどちらも選択できることが多々あります。その場合どちらにするべきか?悩ましいところですが、絶対という答えはありません。どちらも一長一短です。

ブリッジの場合
作製したブリッジを接着しますので、異物感も少なく、取り外しの必要もありません。ただ、場合によっては虫歯等の問題の全く無い歯の全面を削って被せます。天然の歯の部分を残すという点では 不利な部分です。

義歯の場合
天然の歯、あるいはすでにお口の中にある被せてある歯にはほとんど手を加えずに作成することができます。しかしブリッジと比べると構造が大きくなる為、異物感もブリッジよりあります。 また、歯磨きや就寝時は取り外す必要があります。 どちらに重きを置くかによって選択は変わってくると思います。また、残っている歯の状態や噛み合わせによっても選択は異なってきますので、お気軽にご相談下さい、プロの視点からのアドバイスもさせていただきます。

ページのトップへ

スマイルデンチャー

金具を使わない部分入れ歯で、柔軟で割れにくいのも特徴です。残っている歯がある場合の部分入れ歯をお使いの患者様からのお悩みで特に多いのが「金具が見えてしまうのが気になる」「歯と入れ歯の隙間にものが挟まる」といった内容のものです。スマイルデンチャーは金具を使用せず、また歯茎の部分も透明感があるので、見た目では入れ歯が入っていることがほとんど分かりません。
金具の代わりに柔軟性のある樹脂で歯を囲む様に入りますので、歯と義歯の間部分に隙間が無く、食べものが詰まりません。「人前で笑えるようになりました」「違和感を感じなくなりました」「今までよりも良く噛めるようになりました」等、特に従来の入れ歯からスマイルデンチャーに作り替えられた患者様方にお喜びいただいております。 >>スマイルデンチャーの料金ページへ

症例:義歯からスマイルデンチャーへ

通常義歯 スマイルデンチャー
症例1
症例2
>>スマイルデンチャーの料金ページへ

ページのトップへ

金属総義歯

総入れ歯で金属を使用する事で、薄く丈夫な義歯を作成する事が出来ます。
利点としては、薄いので違和感が少なく、発音がしやすくなりました。
温度も良く伝わりますので 食べ物や飲み物の温度を感じますから、より食べている実感を感じる事ができます。

¥250,000

下の写真は保険の総義歯です。材料はプラスチックになります。
下の写真が金属総義歯になります。

ページのトップへ