2020年8月7日

夏期休診日 / Closed Days on Aug

保険でも審美治療が2

たかのはし歯科クリニックの鷹觜です。

皆さんもご存じの通り、

僕の仕事は室内ですのでまだ楽なのですが

朝の通勤時やお昼にランチを買いに行く時などは

凄い暑さですね。

皆さん熱中症には充分ご注意下さい。

 

以前にもご紹介したのですが

最近特にレジン充填という 保険治療の材料の

耐久性が格段に向上しております。

下の写真は一番左に見える歯の金属がとれてしまった

患者さんです。

 

SBSH0041.JPG

もしとれてしまった金属があればそのまま接着する事も

可能でしたが、今回は金属は無くなってしまっておりました。

新しく金属で詰め物を作製することも出来たのですが

右隣に見える歯にセラミックの被せ物がありましたので

今回は保険治療で白い詰め物を直接お口の中で作製致しました。

下の写真が完成時の状態です。

SBSH0043.JPG
 

 

いかがでしょうか?

金属の詰め物よりもずっと自然に見える様に

完成したと思うのですが。

当医院では最近部分的な詰め物はほぼ、

この様なレジン充填で治療しております。

治療後に割れてしまった例はまだ有りませんので

材料の進歩を日々実感しております。

 

金属で部分的な詰め物をする場合には

実際の虫歯の部分よりも、後から詰める金属の為に

削る部分が実際にはほとんどなのです。

つまり、固い金属を歯に挿入するには

凹凸や窪みがあっては絶対にいけないので

平らにする為に健康な歯の部分も削ります。

また、後から金属が外れたりしない様にする為に

ひっかっかりをつける為にも健康な歯の部分を削ります。

 

一方今回ご紹介した様な 保険でのレジン充填や

自費治療で行うハイブリットダイレクト法などの場合は

虫歯の部分のみを削って治療する事が可能です。

ただし、面積や噛み合わせの状態によっては

適応外となることもございますので

その場合は随時ご説明致します。

 

さて、たかのはし歯科クリニックの今日の片づけMUSICですが

GREEN DAYの american idiot ’04のアルバムです。

彼らをパンクと位置付けることが多いですが

個人的にはパンクとフォークにポップミュージックを

バランス良く混ぜた感じと思っています。

このアルバムはいわゆるコンセプトアルバムとなっておりまして

全体を通して3部構成でほぼノンストップで彼らの楽曲が

楽しめます、内容としては9・11以降のアメリカ政府に対する

批判と皮肉が込められた曲が多いです。

一番のお気に入りは Tr11のWake Me Up When September Ends です。

 

今回のブログは前回からかなり間が空いてしまいましたので

次回はあまり空けずにUP出来るよう 内容は考えてあります。

残暑厳しいですが くれぐれも体調にはお気をつけ下さい。

 


 
 

投稿日:2010年8月29日  カテゴリー:審美治療

ページのトップへ