2020年8月7日

夏期休診日 / Closed Days on Aug

スマイルデンチャーの例

たかのはし歯科クリニックの鷹觜です

ここ数日は暖かい日が続いています。

今日は地震がありましたが

東北の地震が2分程で関東の地面も揺らす

とは凄いエネルギーですよね。

一度震源のプレートが跳ね上がるところの

映像を観てみたいものです、どんな音がするんでしょうね?

先日のチリの地震の時も 地球の裏から

日本まで津波が届くのも凄いスケールですね。

 

以前にスマイルデンチャーの写真をご紹介しましたが

今回はまた別の例もご紹介いたします。

下の写真は事故で前歯を失ってしまった若い男性ですが

この場合やはり選択肢は

1 歯を削って繋げたかぶせものいわゆるブリッジを被せる

2 取り外しの義歯

3 インプラント

となります

SBSH0026.JPG

写真で見ていただいてもお分かりのように

他の歯は過去に被せ物をしてある部分もなく

また虫歯にもなっておらず きれいな状態です

これを削ってしまうのはこちらとしても心が痛みますし

患者さんも望んでおりませんでした。

そこでまずブリッジが選択から消えます。

 

当医院ではインプラントをご希望の患者さんには

東京歯科大学水道橋病院のインプラント専門の

口腔インプラント科をご紹介しておりますが

歯ぐきの下の骨を削って人工歯根を植える手術が必要なこと、

将来何か問題が起こった時に一度植えたインプラントを

除去するのは 植える時よりもリスクの高い手術が必要になること、

それらもふまえたうえで 

インプラントも選択から外れました。

 

あと残るのは取り外しの義歯ですが

通常の保険の義歯だと針金がどうしても見えてしまう

それは避けたいということで,

スマイルデンチャーを作製いたしました

下の写真が装着した状態です

SBSH0025.JPG

撮影用にお口を器具で広げておりますので

上の方にわずかに境目が見えますが

通常の状態では義歯が入っている事は

まず分からない様になっています。

 

今回の治療の場合は

このケースにはこの治療が一番良い!と

最初に結論を出すのではなく

いくつかある治療法の中から 消去法で

絞り込んでゆくというプロセスで行いました。

決った答えというものがない場合は

この様に ご希望と現実をふまえて選択肢の中から

ご相談しながら選んでゆくようにしております。

 

さて、たかのはし歯科クリニック 今日の片づけMUSICは

50 CENT の Before I Self Destruct ‘09年

去年の暮のアルバムです。

相変わらずの骨太ギャングスタ・ラップですが

今回はDr Dreプロデュースが3曲と Dre色は

今までより薄くなって キャッチーだった1Stアルバムよりも

ハードなイメージになっています。

そういえば 気が付いたら好きなラッパーは

EMINEM, 2PAC、 Snoop Dogg, 50CENT

とすべて Dr.Dre関係の人達です。

ラッパーの場合は歌手よりもはっきりと

好きなタイプと どうしても受け付けないタイプが

あります(僕の場合ですが)

JAY-Z に関しては好きな曲と 苦手な曲が混在するので

困ってしまいます。

特に好きなEMINEM と 2PAC については

詩の内容があくまで彼らの体験やリアルな怒り等の感情に

基づいている事が最大の魅力ではないでしょうか?

やはりラップは メッセージですから リリック(詩)が全てです!

パーティーや車や女の子の事ばかりを扱っているラップは

個人的にはあまりピンとこないものが多いですね。

 

そろそろ桜のシーズンです!

楽しみですね では、今回はここまでに。

 

あ、最近時々このブログに関する感想をお聞かせ頂けるように

なってきましたが 皆さん音楽好きな方なのは

やはり CD紹介コーナーの影響でしょうか?

僕は基本的に音楽であれば何でも聴く方ですので

何かお勧めのCDがございましたら是非 教えてください!

 

投稿日:2010年3月14日  カテゴリー:スマイルデンチャー

ページのトップへ